FC2ブログ
2019年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2019.08.30 (Fri)

伴奏の苦い思い出とチャンスの話。

こんにちは!
甲南楽器の剣持です。

中学生になると合唱
コンクールがあります。

ピアノを弾いている子は
合唱で伴奏を弾くことが
夢だったりもしますよね!

生徒さんの中にも今伴奏
頑張っている子がいます(^^)


実は私、中学、高校の時に一度も
伴奏をしたことがありません

オーディションで落ちた訳でも
なく、立候補することもなく、
むしろ薦められても断っていました。

今思うとやっとけば良かったのに…
という感じですが。

その頃は今とは違って、
かなり引っ込み思案でした。

自分の演奏にもコンプレックスが
あり、下手だから人に聞いて
もらいたくなかったのです。

人前で弾く事も好きではなく、
友達でも私がピアノを弾いて
いる事を知っている子は
ほぼいませんでした。

その後色々経て一念発起して
ピアノに励み、今に至ります。

ある時、学校で公開レッスンの
1人に選ばれたのですが、
『私なんかが…(やってもいいのか?)
と躊躇した所、違う生徒に
変更されてしまいました。

「やりたくない」
という風に捉えたようで、
誤解させてしまったのです。
(その後無事に公開レッスン
させてもらえました。笑)

今まではウジウジしている事が
多くそれでも良かったのですが。

音楽の世界では消極的な人には
チャンスはめぐってこない

という事を身をもって経験しました。
(もちろん音楽だけでなく、どの
ジャンルにも通じている事ですね。)

それからは、「私なんて」という
マイナスな気持ちを捨てて、 
きた話は積極的に受ける、
絶対に逃さない、
という気持ちでやってきました。

チャンスって意外にその辺に
ポンッてあって、自分がいかに
それに気付いてとれるか、
だと思うのです。

私は音楽の才能は凡人並みですが、
チャンスを掴む、運を掴む
という所で、ここまでやって
これてるといつも思っています。

チャンスがあるのに、
自分がやりたくないから、
と断っている人はやはり
次に仕事がきません。

実際にそういう人も
何人か見てきました。

という訳で長くなりましたが、
要するに私が言いたい事は、

合唱コンクールの
伴奏は積極的にやろうね!!


という事です(笑)

中学生になる生徒さんには
大人になった時後悔しないように
伴奏はしておきなさい〜!
と伝えています

チャンスは大事!


コピーサイトにご注意を!
甲南楽器音楽教室のホームページ
078−452−9768


いつもありがとうございます!
↓よろしければポチッと応援お願いします
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村



甲南楽器音楽教室
剣持
スポンサーサイト



12:42  |  その他  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |